rin art association

盛 圭太Keita Mori

profile

1981 年北海道生まれ。パリを拠点に活動。

多摩美術大学彫刻科卒業後、文化庁新進芸術家海外研修員としてパリ国立高等美術学校に在籍したのち、パリ第VIII大学大学院美術研究科先端芸術修了。

2011 年から線の起源を『糸』に仮説したドローイングシリーズ『Bug report』を通じ、システム=織物に出現するBug(エラー)を事象の生成原理とした作品を制作する。

2017 年、フランス初のドローイングに特化したアートセンター、ドローイング•ラボのオープン個展作家に抜擢、同年創設された松縁芸術助成基金 『松谷賞』の初の受賞者となる。近年の主な展覧会に「Walk The Line」(ウォルフスブルグ現代美術館、2015 年)、「Template」(カトリーヌ・プットマン ギャラリー、フランス国立造形芸術センター [CNAP] 支援、2017 年)、「DOMANI・明日展」(国立新美術館、2018 年)、「社会を解剖する」(高松市美術館、2019 年)、「ドローイングの可能性」(東京都現代美術館、2020 年)、等がある。

Education

2004
多摩美術大学美術学部彫刻科諸材料専攻卒業
2006-2007
文化庁新進芸術家海外研修員、フランス(パリ)
2008
パリ国立美術学校(エコール・デ・ボザール)卒業
2011
パリ第Ⅷ大学大学院美術研究科先端芸術修了
2016
文化庁新進芸術家海外研修員(特別)、ベルギー(トゥルネー)
現在、パリを拠点に活動

Solo Exhibitions

2021
「仮説の仮設」カトリーヌ・プットマン ギャラリー(パリ・フランス)
2020
「Bug report」 rin art association art association(高崎・群馬)
2019
「Struction, en effet」イレヴェルシーブル・フラタニティ(リモージュ・フランス)
「Bug report」ラ・ファクトリーヌ(ナンシー・フランス)
2018
「Art On Paper」- カトリーヌ・プットマン ギャラリー, BOZAR(ブリュッセル・ベルギー)
「Les nuages sans ciel」ドゥーザングル(フレール・フランス)
「Scrolling」ポレーヌ(モンフランカン・フランス)
2017
「Template」カトリーヌ・プットマン ギャラリー(パリ・フランス)
「Strings」ドローイング・ラボ・パリ(パリ・フランス)
「Tisser des préhistoires futures」サン・サヴゥー(ロシュゼルヴィエール・フランス)
2016
「Bug report」イコノスコープ(モンペリエ・フランス)
2015
「Hyper-Espaces」ベルナール・ボッシュ美術館(ラ=ボール・フランス)

Group Exhibitions

2022
「エッシュ欧州文化首都2022 ANTIDOTE FICTION」Centre d'Art Nei Liicht (デュドランジュ/ルクセンブルク)
2021
「La Ronde」ルーアン美術館(ルーアン・フランス)
2020
「ドローイングの可能性」東京都現代美術館(東京)
「Constellation #01」rin art association(群馬)
「CRAC 2020」メゾン・デザール(シャンピニー=シュル=マルヌ・フランス)
「Midtown Street Museum」東京ミッドタウン(東京)
2019
「社会を解剖する」高松市美術館(香川)
「The Projective Drawing」ドローイング・ラボ・パリ(パリ・フランス)
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」 瀬戸内海国立公園六甲地域(神戸)
「TOKYO MIDTOWN AWARD 2019」東京ミッドタウン(東京)
「Les Jardins du Design 2019」ECAM(リヨン・フランス)
2018
「DOMANI・明日展: 寄留者の記憶」国立新美術館(東京)
「○動」国際芸術センター青森(青森)
「DRAWING NOW PARIS」- カトリーヌ・プットマン ギャラリー, カロー・ドゥ・タンプル(パリ・フランス)
「Itinéraires Graphiques du Pays de Lorient」ラ・ロトンド(ラネステール・フランス)
「Weniger ist mehr – less is more」ギャラリー・ドュ・クルス(パリ・フランス)
「ART PROTECTS 2018」イヴォン・ランヴェール ブックショップ(パリ・フランス)
「Dessiner aujourd’hui」メゾン・デザール ローザ・ボヌール(シュビイ=ラリュ・フランス)
「15AN DE 2ANGLES」ドゥーザングル(フレール・フランス)
「RÉCITS DE SQUARES」ル・キャトルバンセット(パリ・フランス)
「Nuit Blanche des Enfants」パリ18区市庁舎(パリ・フランス)
「Prêt á décrocher」アートテック・ウエスト=プロバンス(ミラマ・フランス)
2017
「GALERISTES 」- カトリーヌ・プットマン ギャラリー, カロー・ドゥ・タンプル(パリ・フランス)
「Le dessin, autrement」ギャルリー・ドゥ・レトラヴ(トノン=レ=バン・フランス)
「Réalités invisibles」スタシオン(パリ・フランス)
「NOUS N'AURONS DE CESSE D'EXPLORER」 ドゥヴル・ヴェー ギャラリー(マルセイユ・フランス)
「La dimension de la maquette」 フォンデリー・クグラー(ジュネーブ・スイス)
2016
「PARÉIDOLIE」- カトリーヌ・プットマン ギャラリー, シャトー・ドゥ・セルヴィエール(マルセイユ・フランス)
「Art is Hope」ペロタン ギャラリー(パリ・フランス)
「SALON DE MOTROUGE」 ル・ブフロワ (モンルージュ・フランス)
「DRAWING NOW PARIS」- カトリーヌ・プットマン ギャラリー, (パリ・フランス)
「Drawing room 016」- イコノスコープ, アン=サラ・ベニシュー ギャラリー, ラ・パナセ(モンペリエ・フランス)
「Ftnss.show」アキバタマビ21(東京)
「EXPOSITION DE GROUPE」デュボワ ギャラリー(パリ・フランス)
「La main qui dessinait toute seule」マグダ・ダニス ギャラリー(パリ・フランス)
「PARCOURS DE l'ART」クロワトル・サン・ルイ(アヴィニョン・フランス)
2015
「Walk The Line」ヴォルフスブルク美術館(ヴォルフスブルク・ドイツ)
「Jardins Synthetiques」サン・レイモン美術館(トゥールーズ・フランス)
「FID PRIZE 2015」カトリーヌ・プットマン ギャラリー(パリ・フランス)
「METHACITY」ドミニク・フィアット ギャラリー(パリ・フランス)
「PARCOURS DE l'ART」 Cloitre St Louis(アヴィニョン・フランス)
「Serendipity -80 x 80」ロール・ロワネット ギャラリー(パリ・フランス)
「In Tension」ラーゲ・エガル (ベルリン・ドイツ)
2014
「JAPON」メマック現代アートセンター(メマック・フランス)
「VOYAGEURS」 ヴィラ・エメリージュ(パリ・フランス)
「FID PRIZE 2014”」ドローイング・ボックス(トゥルネー・ベルギー)
「Réels Imaginaires」リチャード ギャラリー(パリ・フランス)
2013
「Lauréats du FID PRIZE 2012」カトリーヌ・プットマン ギャラリー(パリ・フランス)

Awards

2019
「立飛パブリックアートアワード2020」(東京)
2017
「松谷賞」 松縁芸術助成基金(パリ・フランス)
2016
「Prix Galeries Lafayette」(モンペリエ・フランス)
2015
「PRIX Découverte - Palais de Tokyo」ノミネート(フランス)
2014
「Emerige Revelations Grant 2014」ノミネート(パリ・フランス)
2013
「PRIX de la jeune création à Saint Rémy」ノミネート(アベイロン・フランス)
2012
「FID PRIZE 2012」(パリ・フランス)

Selected Collection

  • フランス文化省 & エメリージュ財団: 1 immeuble, 1 œuvre(マッシー・フランス)
  • アキテーヌ現代美術センター [FRAC MÉCA](ボルドー・フランス)
  • マルセイユ現代美術センター [FRAC PACA](マルセイユ・フランス)
  • リムーザン現代美術センター [FRAC Limousin](リモージュ・フランス)
  • アートテック・シルー [Artothèque Chiroux](リエージュ・ベルギー)
  • アートテック・ウエスト=プロバンス [Artothèque Ouest Provence](ミラマ・フランス)
  • グリーンスプリングス - 立飛ホールディングス (東京)